経理部をアップデートし
会社全体に新しい風を吹かす
2020年入社
経理部
高橋 健太
KENTA TAKAHASHI
経理部をアップデートし
会社全体に新しい風を吹かす
2020年入社
経理部
高橋 健太
KENTA TAKAHASHI

自分の力を試したい、
経理部をアップデートするために入社

日本鋳鉄管に入社する前は公認会計士として監査法人に勤めていました。監査法人では自ら決算書を作る機会がなく、会計士であるからには決算書を作れるようになりたいと、事業会社への転職を決めました。監査が必要なのは大企業なので、転職先は一部上場企業で考えていました。あまりに規模の大きすぎる企業ですと自分が携わることができる範囲も限られるので、大企業でありながらも裁量を大きく与えてくれることを基準に探していました。そんな中、日本鋳鉄管を知りました。担当者の方とのやりとりから、「経理部をアップデートしたい」という熱い思いが伝わってきて、自分の能力が求められていることを感じることができました。会社全体としても改革に向かっていることを知り、ますます挑戦が好きな自分にとって、絶好な環境だと思えるようになりました。なので、「自分が変えるぞ」という気持ちで入社することを決めました。

日本鋳鉄管に入社する前は公認会計士として監査法人に勤めていました。監査法人では自ら決算書を作る機会がなく、会計士であるからには決算書を作れるようになりたいと、事業会社への転職を決めました。監査が必要なのは大企業なので、転職先は一部上場企業で考えていました。あまりに規模の大きすぎる企業ですと自分が携わることができる範囲も限られるので、大企業でありながらも裁量を大きく与えてくれることを基準に探していました。そんな中、日本鋳鉄管を知りました。担当者の方とのやりとりから、「経理部をアップデートしたい」という熱い思いが伝わってきて、自分の能力が求められていることを感じることができました。会社全体としても改革に向かっていることを知り、ますます挑戦が好きな自分にとって、絶好な環境だと思えるようになりました。なので、「自分が変えるぞ」という気持ちで入社することを決めました。

強いチームを作るため、まずは仕組み化

経理部では、会社にとって一番大事な売り上げが実態を反映しているかどうか、経費が正しい使われ方をしているかなど、大企業として世の中に出していく数字の情報が正しいかをチェックしています。何を売り上げとして勘定するのかなど、経営と結びつくことも考えながら、数字をパズルのように組み合わせて作業をしています。ですから、ピースがはまった時はすごく気持ちいいですし、やってることの範囲も大きいので転職してこれまで以上に成長を感じています。
組織としての経理部は、私が入社する前は経理のスペシャリストがいるわけではなかったので、業務をやっている人がそれぞれ自分の業務を把握している状態でした。今後、より強いチームを作っていくためには、新しい人が来てもすぐに業務がわかるマニュアルを作っていくことが大切だと考え、仕組み化を進めています。これまで学んできた知識と経験を使って、皆さんのサポートができることで、自分がこの経理部にいる意味を感じられています。

経理部では、会社にとって一番大事な売り上げが実態を反映しているかどうか、経費が正しい使われ方をしているかなど、大企業として世の中に出していく数字の情報が正しいかをチェックしています。何を売り上げとして勘定するのかなど、経営と結びつくことも考えながら、数字をパズルのように組み合わせていく作業をしています。ですから、ピースがはまった時はすごく気持ちいいですし、やってることの範囲も大きいので転職してこれまで以上に成長を感じています。
組織としての経理部は、私が入社する前は業務をやっている人がそれぞれ自分の業務を把握している状態でした。今後、より強いチームを作っていくためには、新しい人が来てもすぐに業務がわかるマニュアルを作っていくことが大切だと考え、仕組み化を進めています。これまで学んできた知識と経験を使って、皆さんのサポートができることで、自分がこの経理部にいる意味を感じられています。

自分だからこそ言えること、思い切って発言していく

私は社内でも若手と言われる年齢ですが、若い人でも意見が言いやすい環境だと思います。必ず意見したことが採用されるとは限らないですが、まず聞いてもらうことができるというのは素晴らしいことだと思います。また、日下社長を筆頭とした経営陣はじめ若い人材も、どんどん新しいことに挑戦していていますから、大企業でありながらも挑戦的である姿勢は、内側から見ていても凄いなと肌で感じています。

会社全体で良い方向に向かおうとしているところですが、大きな組織がすぐに変わることは簡単ではないことも感じています。私は外から来た人だからこそ言えることやできることがあると思い、時には思いきった提案をすることもありますが、自分だけではなく、皆さんの理解があってこそ変わってくことができると学んでいます。今は周りの人と信頼関係を築き、どんどん巻き込みながら良い組織作りをしていけたらと思っています。

私は社内でも若手と言われる年齢ですが、若い人でも意見が言いやすい環境だと思います。必ず意見したことが採用されるとは限らないですが、まず聞いてもらうことができるというのは素晴らしいことだと思います。また、日下社長を筆頭とした経営陣はじめ若い人材も、どんどん新しいことに挑戦していていますから、大企業でありながらも挑戦的である姿勢は、内側から見ていても凄いなと肌で感じています。
会社全体で良い方向に向かおうとしているところですが、大きな組織がすぐに変わることは簡単ではないことも感じています。私は外から来た人だからこそ言えることやできることがあると思い、時には思いきった提案をすることもありますが、自分だけではなく、皆さんの理解があってこそ変わってくことができると学んでいます。今は周りの人と信頼関係を築き、どんどん巻き込みながら良い組織作りをしていけたらと思っています。

アクティブな経理部から、
会社全体にエネルギーを伝えてきたい

今後、全員が生きがいを持って、今よりももっと楽しく働ける環境にしていきたいと思っています。会社が前向きに変わっていくなかで、大変なこともあると思います。だからこそ、みんなで楽しんでいくことが大切になると思います。そのためには、お互いに褒め合い、成功を分かちあえる組織になることが重要だと考えています。
経理部では最近、笑顔が増えてきていて、「チームワークが芽生えてきたな」と実感します。楽しく仕事をすることで、お互いがサポートしやすくなり、仕事の生産性も上がっています。ここからは、さらに良い組織を目指して、働き方であったり、業務の効率化といった一歩踏み込んだ取り組みをしていく必要があると思います。まずは、経理部をアクティブな部署にしていくこと、そして、そこから会社全体へいい影響を与えていきたいです。

今後、全員が生きがいを持って、今よりももっと楽しく働ける環境にしていきたいと思っています。会社が前向きに変わっていくなかで、大変なこともあると思います。だからこそ、みんなで楽しんでいくことが大切になると思います。そのためには、お互いに褒め合い、成功を分かちあえる組織になることが重要だと考えています。
経理部では最近、笑顔が増えてきていて、「チームワークが芽生えてきたな」と実感します。楽しく仕事をすることで、お互いがサポートしやすくなり、仕事の生産性も上がっています。ここからは、さらに良い組織を目指して、働き方であったり、業務の効率化といった一歩踏み込んだ取り組みをしていく必要があると思います。まずは、経理部をアクティブな部署にしていくこと、そして、そこから会社全体へいい影響を与えていきたいです。

募集要項 ENTRY